人気ブログランキング |
横浜トリエンナーレ 2011
今年もやっと横浜トリエンナーレ2011に行けた。
前身である92年のパシフィコでのNICAFから数えると
横浜でのコンテンポラリーアートフェアは皆勤賞。

今回はとにかく人が多いのと、会場の一つが個人的に大嫌いな
横浜美術館だったのでひたすらイライラしてしまった。。
来客数の増加は、おそらく白い衣装の女性たちがダンスしてる
ガーリーテイストなポスターだったので、カップルや家族連れが
来やすかったためだろうと思われる。

キュレーションに関しては、なんとなく雑というか小物を
所狭しにせこく配置してる印象が拭えなかった。
あとは震災以後ということもあり、震災アートが増えた代わりに
グロいフリークス系が減ってしまったのは寂しいものがあった。
それから会場の制限からかサウンドアートが減ったのも残念。

注意点は会場が5カ所に分散してるので昼から見て回らないと
全て廻るのはキツいかも。横美は混むので夕方に廻すのが正解。

画像はケータイカメラなので汚いけど、気になったものを
一部レビューというかコメント付きでアップしてみた。
こんだけ人入るんだから3年後はぜひパシフィコに回帰してもらいたい。

ちなみに3年前の横浜トリエンナーレの様子はこちら

a0081172_1249285.jpg
美術館正面噴水広場に置かれた目立つオブジェ。


a0081172_12541791.jpg
模様はすべて布生地でできていた。


a0081172_12533624.jpg
女の人が立ったり座ったり意味不明。


a0081172_12534674.jpg
とにかく横浜美術館会場は人の量がハンパなかった。。


a0081172_12535597.jpg
電球のひとつひとつが横浜市の小学生の部屋の明かりと連動している。


a0081172_12543424.jpg


a0081172_12543979.jpg
レコード盤をろくろに見立てて陶器を作るというもの。
製作中のVTRも流れてて音がグネグネしてかっこよかった。


a0081172_12554676.jpg
鉄パイプがスピーカーとなった現代のパイプオルガン。


a0081172_12564689.jpg
オノヨーコと繋がってる電話がマジックミラーの迷路の中心に置いてあり、
運が良ければ本人と会話が出来るというもの。


a0081172_1258233.jpg


a0081172_12584141.jpg
ヨコハマ創造都市センターにて。温室の中に楽器が。植物の奏でる音楽?


a0081172_130129.jpg


a0081172_130690.jpg


a0081172_130196.jpg
旧日本郵船倉庫(BankART Studio NYK)は現代アート展には最高の場所。


a0081172_1303721.jpg
頂上にスプーンが刺さっている。


a0081172_1304776.jpg


a0081172_1305271.jpg
光が動くところにノイズ音が響く。指向性スピーカーと光の動きが連動?


a0081172_1323245.jpg


a0081172_1323940.jpg
角度によって格子が消えて見える。


a0081172_1333917.jpg
垂直になった森。ライトの影がきれい。


a0081172_1341781.jpg


a0081172_1343089.jpg


a0081172_134419.jpg
何かの結晶で出来てる。


a0081172_135499.jpg
映像作品。双眼鏡で見ると細かく都市が見える。ものすごい解像度。


a0081172_1362469.jpg
チャリの後輪に赤青黄色緑の板がついてて、回転すると模様が浮き出る。


a0081172_1382388.jpg


a0081172_1383489.jpg
筒が万華鏡になっている。


a0081172_1385658.jpg
木を使った動くオブジェの工房。ラピュタな世界観。


a0081172_1393753.jpg
新港ピアは新・港村というコンセプトで311関連のアートや復興活動の
人々の拠点となっていた。ちなみにこれは発泡スチロール製の部屋。


a0081172_139432.jpg


a0081172_1395699.jpg


a0081172_1310251.jpg
ペットボトルに日本の漆器のような繊細な模様が描かれている。外国人の作品。


a0081172_1311227.jpg


a0081172_13111484.jpg


a0081172_13112579.jpg


a0081172_13113571.jpg


a0081172_13114274.jpg


a0081172_13115760.jpg


a0081172_1312499.jpg
マース・カニンガム的なコンテンポラリー・ダンス。


a0081172_1312117.jpg


a0081172_13121948.jpg
人がいなくてもひたすらこの状態で待っていた。


a0081172_13122669.jpg
セグウェイ用のソーラー充電スタンド。


a0081172_13143491.jpg


a0081172_13245415.jpg
高架下に作られた黄金町バザール。旧赤線地帯の猥雑な雰囲気とアートの同居。
周辺の旧チョンの間に小規模のギャラリーや工房が点在。


a0081172_13154421.jpg
小難しいコンセプトの作品も多数。。


a0081172_13155730.jpg


a0081172_1316482.jpg


a0081172_13163322.jpg
電球によって光の色や質が変わる。ちょっと欲しかった。でかいんだけど。 


a0081172_1317346.jpg


a0081172_13174291.jpg
都市計画工房も多く建築模型をやたら見かける。
アートを町づくりに連動させている模様。


a0081172_13175081.jpg


a0081172_1318152.jpg


a0081172_1318784.jpg
天井に穿たれた穴に頭を入れると摩訶不思議な空間が広がっている。奥に子供が。


a0081172_13193341.jpg


a0081172_13203716.jpg
試聴室という名の喫茶店。ステージも完備。古き良きロック喫茶な雰囲気。


a0081172_1321366.jpg
ゲリラアートが点在。


a0081172_13211484.jpg


a0081172_13212269.jpg


a0081172_13251057.jpg


a0081172_13251897.jpg
不思議な工房がいくつも居を構える。電波系というかお花畑系も多い。


a0081172_13212995.jpg


a0081172_13231483.jpg


a0081172_13232280.jpg
チョンの間ギャラリーの代表格。レジデンスも完備。


a0081172_1325367.jpg

by skdob | 2011-10-11 13:26 | アート・デザイン・フォト
<< DESIGNTIDE TOKY... 2011.9.16~26 DAYS >>