人気ブログランキング |
PLANTED
a0081172_21413633.jpg

いとうせいこうによって「ボタニカルライフ」が出版されてからというもの、
都会生活におけるベランダガーデニングが市民権を得るにいたったわけだが、
それから7年後ついに雑誌まで出るに至った。
最近立読みしてみたんだけど内容とは無関係にシンパシーを感じてしまった。
なぜなら創刊号が出たのが7月3日で自分の誕生日だったからなのと、
このブログとほぼ同時期に創刊されたからだ(こっちが一歩早いけど)。
ただ自分のブログのコンセプトは”オルタナティブ”なボタニカルライフであり、
和み、まったり、自然崇拝、ナチュラル、懐古趣味、ノスタルジー、ささやかな幸せ、
小さな物語などなど、広告代理店がいかにも考えそうなキーワードを満載して、
結局女性読者しか獲得できない白い某雑誌群ノリとは180°異にするわけで。
まあその辺は読んでもらって感じてもらうとして、とにかく何が言いたいのか
わからなくなってしまったが、要は存在やフォルムやディテールが自分にはヤバくて、
不気味で暴力的でエロティックで、まあそんなキッチュな魅力が伝えたいのね。
その辺が90年代オリーブ系男子代表のホン○タカシ的世界観とは違うんだよな。

オフィシャルサイト
by skdob | 2007-02-02 21:41 | 植物
<< 週間金曜日取材班 電通の正体 hitomi Japanes... >>