音楽紹介  新年一発目
最近ご無沙汰ぎみの大プッシュ音楽紹介。
昨年あたりから個人的には静か目で大気感のある
エアビエントがキーワードになってるのだけど(my造語)、
今年もその流れは止まらない感じ。
あとはピアノは好きなものと嫌いなものが
はっきり分かれてきたように感じる。



a0081172_1872532.jpg
まずイチオシはセッション&フィールドレコでの
即興感がたまらなく和ませてくれるenami Taisuke。
“Hill”というアルバムが激ハマリ系だった。
甘すぎないサジ加減はセンスの塊としか言えない。
つかこの手の音にしては女にモテようとしてない感じまで
伝わってしまうのが音楽の饒舌さだと思う。

enami Taisuke myspace



a0081172_1832561.jpg
次はミニアルバムCarved By Glaciersが素晴らしい出来だった
Lymbyc Systym。90年代ポストロック(例えばトータスあたり)の
アカデミックな懐かしさも感じつつしっかりGスポットをつきまくる
絶妙さは、真摯に音楽に向き合う仙人タイプに違いない。
あんまり良く知らないのでこの辺で。

Lymbyc Systym myspace



a0081172_1834553.jpg
最後はイタリアのノイズマエストロ、MAURIZIO BIANCHI。
70年代から活動されてた大御所だそうで、今回はSELF PORTRAIT
という内省的なアルバムの紹介。この音色、時空の歪み感はツボ。
過去作品を通してもリビドー全開な絶叫とかはなく、とても理性的に
耳障りの良さを追求しているように感じてめちゃ知的な印象。
絶対リスペクトできる人物だと思うので会ってみたい気がする。

MAURIZIO BIANCHI - "THE SELF PORTRAIT OF M.B.試聴

MAURIZIO BIANCHI myspace
[PR]
by skdob | 2009-01-06 18:04 | 音楽
<< スチャダラパー+木村カエラ  ... 1年前の今年の抱負チェック >>