「ミスト」と「パラノイドパーク」
(ビミョーにネタバレあり?)


準新作になったので「ミスト」と「パラノイドパーク」を借りて観た。
したらこの2本の映画には不思議な共通点があってびっくり。
たぶん解説に出てくる程度の内容だと思うので書くけど、
まずひとつは設定がポートランド郊外ということ、
ふたつめに下半身切断死体が出てくること。
偶然にしてはあまりにも重なるので怖くなったくらい。
最近ホントこういう経験多いなあ自分。。。



a0081172_13292668.jpg
まず「ミスト」。これはおそらく映画好きも一般人も大満足な1本だと思う。
映画好きな取引先の人に薦められたので観たらまじブッタマゲーション。
劇場で観るべき映画でした。設定は単純な密室劇なんだけど人間の業の深さを
描ききっていて衝撃的。ここから得られる教訓はほんと大きい。
後半を除いてBGMもほとんどかからず、リアリズム追求の姿勢が素晴らしい。
ひさしぶりに心拍数が上がったような気がする。
最近のハリウッド映画の変貌ぶりを代表する作品だと思った。☆☆☆☆☆

オフィシャルサイト



a0081172_13291051.jpg
「パラノイドパーク」は個人的に久しぶりのガス・ヴァン・サント監督作品。
撮影がクリストファー・ドイル(ウォン・カーウァイ作品で有名)
なんだけど、この映像感覚はひさしぶりに新境地という気がした。
主人公の青年を追う執拗かつフェティッシュな視線は内面をえぐるものがある。
とにかく今時の青年たちの淡々と醒めた日常のリアリズムがそこにはあり、
現代アメリカを知る上では画期的な1本という気がする。
あと音楽がエレクトロニカからオルタナ系までまじ超いい。
個人的には☆6つあげたいくらい好きな作品。一般的には☆☆☆☆☆。

オフィシャルサイト
[PR]
by skdob | 2009-02-02 13:30 | 映画
<< CYNDI LAUPER FL... RADIO SAKAMOTO >>