人気ブログランキング |
今を生きる
a0081172_14461898.jpg

町山智浩の映画特電PODCASTで『恋はデジャ・ブ』という1993年
ビル・マーレイ主演の映画を取り上げており、それをチャリ乗りながら聴いてて
個人的にこん棒で頭をガツンと殴られるほどの衝撃を受けたので紹介。

基本的に自分はA型なので常に未来をシミュレーションしながら生きている。
要は心配性なので将来への希望や備えがないと生きて行けないクチなのだ。
その結果そこそこ踏み外すことない人生を歩んできたとは思うけど、
なんとなく現在を精一杯生きているとは言えず、やりたいことも我慢し、
打算的に考えて無駄な関係を持たないよう注意を払ってきたところがある。

ちょっとでも価値観が異なる人とは、巻き込まれることの面倒くささを恐れ、
自分はなるべく安全地帯にいて浅い付き合いを心がけてきたような気がする。
むしろ今を楽しみ将来を考えない人をどこかで小馬鹿にしてたところすらある。

その結果、人生に対する虚しさを感じ、真の悦びから遠いところにいることに
なんとなく気づきつつあったのだけど、それを町山智浩の映画特電で
完膚なきまでに指摘された気がしてハッとさせられたのだった。そんなわけで
ちょっと長め(44分)だけどこの放送を全ての人に聴いてもらいたいと思った。
ちなみに自分は今パンチドランク状態でIDクライシス的に朦朧としている。

第73回 2009/02/12up 啓蟄と『恋はデジャ・ブ』とニーチェ
by skdob | 2009-02-23 14:48 | エッセイ・コラム
<< アカデミー賞をメッタ斬り! ミラクルひかる >>