<   2008年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
宇多田ヒカル Eternally
a0081172_1735769.jpg

月9ドラマ主題歌で宇多田の曲が使われるそう。
この曲、出だしの歌詞がまたいいんだよね。
こんな恋がしてみたいなり。
当時の懐かしい曲もリンク。


目の前にいる君が少し輝き
周りが見えない
私達はどこにいるの

ざわめき始めた背景の中に
まだ消えないでね
もうなんにも聞こえない
But I can feel you breathe


Utada Hikaru - Eternally

Utada Hikaru - Distance

Utada Hikaru - Time Limit
[PR]
by skdob | 2008-09-30 17:35 | 音楽
映画三昧
週末は久々にDVDレンタルして映画3本鑑賞したので紹介。
3本ともシネフィル的でクオリティが底抜けに高く、
そしてなぜかキーワードは「孤独」だった。まったくの偶然だけど。
とにかくこの3本は最近テレビや映画がつまらないと思い始めた人に
ぜひ観てもらいたいと思った。ベタなものに嫌悪を抱く人にも。



a0081172_13454837.jpg

まずは「ミスター・ロンリー」。これはマイケルのそっくりさんがマリリン・モンローのそっくりさんと恋に落ちるという奇妙でユニークな物語。とはいっても乾いた絶望をやらせたら右に出る者はいないハーモニー・コリンのこと、滑稽さは悲劇を彩るためでしかない。ジェネレーションX世代の行き場の無い焦燥感や孤独感は形を変え今も生き続けていた。とにかくセンスと映像美は☆☆☆☆☆。極めて洗練されたアート作品。まさに天才の仕事。

オフィシャルサイト



a0081172_13455838.jpg

次は「潜水服は蝶の夢を見る」。フランスらしさ漂うエスプリの効いた作品。全身麻痺になって左目しか動かすことが出来なくなった主人公の視点で終始映画は進んでいく。これが意外にも美しすぎる映像が展開される。その断片が記憶に残るだろうことは間違いない。極めて写真的だなと感じた。脚本といい映像美といいフランス映画の大傑作になろう出来。悲壮感漂うだけの残酷物語ではないので全ての人に大プッシュ。☆☆☆☆☆

オフィシャルサイト



a0081172_1346546.jpg

最後は10日前に亡くなった市川準監督の「トニー滝谷」。原作は村上春樹。これは言葉数の少ないさらっとした空気のような映画。その分坂本龍一の音楽が絶妙で、控えめに鳴りながらも饒舌な心理描写をもたらしていた。極力安っぽい演出を排除し、引き算の美学で作られた映画という気がする。村上春樹にありがちなスノッブな設定は、あえてイッセー尾形を主役に据えることで中和に成功している(女性受けは悪いだろうが)。個人的に邦画では「ゆれる」なんかよりも完成度高いと思った。☆☆☆☆☆

オフィシャルサイト
[PR]
by skdob | 2008-09-29 13:56 | 映画
鈴木亜美 CAN'T STOP THE DISCO
a0081172_15444747.jpg

もはや誰が歌っても同じ中田ヤスタカプロデュース第3弾。
PVはピンクレディの未唯が友情出演(大嘘)。
今回もなぜかひっそりとリリース。
楽曲的には絶対売れないだろう感じが好感度大。
つかゴマキとか出て来たらエイベックス的に駆逐されそうな。
応援してるのか揶揄してるのかわからなくなってきた。。。

Ami Suzuki-Can´t stop disco
[PR]
by skdob | 2008-09-26 15:45 | 音楽
第一園芸本店
a0081172_144257.jpg
a0081172_1443540.jpg
a0081172_1444566.jpg

10日前くらいにCIBONE目当てにベルコモンズへ行ったついでに
近所に新しいビルが竣工してるのに気づいて行ってみた。
すると第一園芸本店が移転リニュOPENしてたので入ってびっくり。
自分もいろいろ見すぎて麻痺してるからこの手のお店で
感銘を受けることは本当に稀なのだけどここは別世界。
照明から色彩感覚から崇高な精神性みたいなものがあって、
斬新なのに落ち着くとでも言うか、ああこういう世界もあるのね〜
とため息しか出なかった。
まず苔を使ったオブジェが凄くて。まさにラピュタ。
オフィシャルサイトもできてたんで報告をかねて紹介。

オフィシャルサイト
[PR]
by skdob | 2008-09-23 01:46 | 植物
横浜トリエンナーレ2008
a0081172_1331763.jpg
a0081172_13352416.jpg

昨日横浜トリエンナーレ2008に行って来た。
会場が3カ所に分散したせいか前回よりイマイチ盛り上がりにかけるけど
新港ピア(主会場)よりBankART Studio NYKの方がマニアックで良かった。
赤レンガ倉庫1号館のほうはスルーで構わないと思う。
今回は映像系が多かった。それと音系。それからぬいぐるみ系w
写真撮影が可能ということでじゃんじゃん撮って来た。
画像をここで30枚アップしてるので気になったやつだけ感想を記す。

画像4〜6 久々にきたパンキッシュでゴスな作風。病み系。

画像7〜9 この円盤、実はスピーカーで各々異なったドローンを発する。

画像10〜12 鏡を割っただけながらスケールがデカくて圧倒された。

画像15 ぬいぐるみが腹を上下させて呼吸してる。

画像21 作品もないのにライトアップされてる。観念的で好き。

画像22 これは床と壁がガラスの破片で覆われた洞穴。壮大な作品。

画像23〜27 15歳未満閲覧禁止。エグいけど実は人の上で豚を裂いてるだけw

画像28〜30 もっともインモラルなアーティストとして不動の地位を築いたポール・マッカーシー。今回もやらかしてくれた。おそらく地球上でもっともエグくておぞましくて下劣な映像の数々が巨大な部屋に隙間なく映写される。間違いなく脳みそクラッシュ系。期待以上。空気で膨らむ彫刻。これも好き。
[PR]
by skdob | 2008-09-22 13:31 | アート・デザイン・フォト
来客
a0081172_6342152.jpg
a0081172_6342119.jpg
a0081172_6342179.jpg

最近窓開けっぱにしてるとたまに来るキジトラ。
マイと違って性格ひん曲がってないのは顔つきでわかる。
極たまにソファにあがることもある。この慣れ方は飼い猫かな。
こいつもうちの子にしたいけどマイが目の敵にしてるからな。
ちなみに捨てるタイミングを失した燃えないゴミが。。。
[PR]
by skdob | 2008-09-21 06:34 | 旅行記・写真ブログ
閑話休題
a0081172_22234660.jpg

ちょっとここんとこなんか体調がすぐれない。
夜寝付けず朝起きれずだし、ジム行ってもやる気起きずに
だらだらストレッチして疲れて終わりだし。
きっとこういうことだって信じたい。
そんなときこんな和み映像を見つけた。

揃ってる

ちなみに自分が一番好きな猫ものブログの紹介。
これはもうタモリ倶楽部に出演できるくらいの達人。
28mmのレンズでここまで近寄れないってばフツー。

Tokyo Street Cats bLog
[PR]
by skdob | 2008-09-19 22:25 | エッセイ・コラム
シンクロニシティ
a0081172_1253570.jpg

今朝MEGの新譜を試聴してたらジャケもPVも野田凪によるもので、
へえ〜とか思ってて今ニュース見てびっくり。亡くなってたとは。
たぶん下のPVあたりが遺作になるのかな。ご冥福をお祈りします。

MEG - PRECIOUS

CUT COPY - HEARTS ON FIRE
[PR]
by skdob | 2008-09-18 12:05 | 日記
モノクロ写真7枚アップ
a0081172_16184340.jpg
a0081172_16185078.jpg

3連休は無事休めたけど特にネタがないので
ギャラリーにモノクロ写真7枚アップしました。
お暇な方はチェキよろしくです。

Appels + Oranjes

こっちもコンスタントにアップしてます
[PR]
by skdob | 2008-09-16 16:19 | 旅行記・写真ブログ
マイケル E.J.スタンレー個展「コトサヘク」
a0081172_17335656.jpg

hpgrp GALLERY東京で行われてる写真展に行って来た。
これは個人的にもろタイムリーなコンセプトで、いにしえの日本の
原風景を(おそらく)赤外線フィルムでモノクロ撮影したもの。
古神道にあるように、八百万(やおよろず)の神々と常に対話して生活してた頃の
世界観がそのままそこには映し出されていた。まるでタイムスリップ。
いつも思うのはこういうのを発見したり発表する人って
かならず外国人なんだよね。日本人として鑑賞しててちょっと恥ずかしくなった。
レタッチや画像処理は一切してないとのことでとても参考になった。

hpgrp GALLERY東京

作家オフィシャルサイト
[PR]
by skdob | 2008-09-12 17:34 | アート・デザイン・フォト