人気ブログランキング |
<   2008年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
インドカレー屋
a0081172_16492355.jpg
a0081172_16492391.jpg

個人的にインドカレーにハマったのは高校生の頃だった。
当時は本場の味が堪能できる店が少なかったこともあり嗜好品だったと思うが、
横浜岡田屋モアーズ地下にあったマハラジャには友人と月1で通ってた。
あの頃のカレーはもっと上澄みが透き通ってたように思う。
最近のスタンダードであるゲル状もそれはそれで旨いけどね。
前置きはさておき近所に待望のインドカレー屋が開店した。
特にサグマッシュルームとガーリックナンはヤバかった。
自分はバターをふんだんに使ったほうれん草カレーが大好物なんだけど、
久々にバブル全盛のマハラジャの味を思い出させてくれる感動があった。
ガーリックナンはランチにはないのでわざわざ夜通ってしまいそう。
by skdob | 2008-11-29 16:49 | 食・飲食店
東京ミッドタウン
a0081172_10515946.jpg
a0081172_10515940.jpg
a0081172_10515921.jpg
a0081172_1052066.jpg
a0081172_1052069.jpg

昨日は21_21デザインサイトでやってる吉岡徳仁ディレクション
「セカンド・ネイチャー」展を観にミッドタウンまで行ってきた。

吉岡徳仁は自分が最も好きな空間デザイナーで、
今回のプロジェクトはコンセプトからして完璧アートだった。
ある水溶液が入った水槽の中に、麺みたいな樹脂で覆われた椅子や板が沈められている。
この水溶液は時間が経つと椅子や板の表面を結晶で覆いだすというもの。
結晶の1粒の大きさは約1~2cmで、なんとも美しい純粋幾何学形をしてくる。
しかもここからが面白いんだけど、水槽内に流すBGMを
「運命」と「月光」(ともにベートーベン)とでは
結晶の形がビミョーに異なるのだ。いや~不思議。。。
展示の仕方も美しかったしかなりヤバいと思った。まじオススメです。
ただ点数がもうちょいあっても良かったかな。

次はデザインハブでやってるGood Designエキシビジョンをハシゴ。
建築コーナーに目が行ってしまう。たぶん住まい方に関心があるからと思われ。
全然関係ないけど日産の新型CUBE、中も外もかっこよすぎ。
調べたらベトナム系の方のデザインらしく、最近PCや携帯のデザインを始め、
日本以外のアジアが元気だなあと思った。

それは置いといて、その後は庭やガレリアのイルミを見たり、
トシ鎧塚に寄ったりひと通りウインドウショッピングしてから、
ひもじいのでせめてDEAN&DELUCAでコーヒー豆を買ってきた。
紅茶はここのアールグレイにハマってるけどコーヒーもなかなかハイレベル。

ひとつ心残りなのはお隣の新美術館とサントリー美術館で
2館同時開催中のピカソ展まで回れなかったことかな。

その後は乃木坂から千代田線で原宿GGに出てワークアウトしてから
全身オイルマッサージ受けて生まれ変わってきた。比較的完璧な1日。
by skdob | 2008-11-28 10:51 | アート・デザイン・フォト
BLUE SQUARE CAFE
a0081172_164371.jpg
a0081172_1643795.jpg
a0081172_1643712.jpg
a0081172_1643790.jpg

モード学園コクーンタワー内ブルースクエアカフェにて。
MacBookやiPod Touchや様々な本が置かれてた。
BGMはGescomとかBOC系のIDMでやや攻めの姿勢が好感度。
地下1~2FにはBook 1st.のフラッグシップ店が入居してるし使い勝手はなかなか。
西口でのフィルム現像待ちとか暇つぶしにはいいかも。
by skdob | 2008-11-25 16:04 | 食・飲食店
玉泉洞
a0081172_22441488.jpg
a0081172_22441411.jpg
a0081172_2244152.jpg
a0081172_22441536.jpg

今日は那覇のRyulianというイタリアンちっくなビュッフェでランチ。
これまた手を抜かない料理の数々に大満足。
その後は玉泉洞に。今までいろいろ洞窟観てきたけどここが一番壮大かつ美しかった。
つか結構長くてかなり楽しめるんでお勧め。
今回の旅は座間味島の海水浴とレンタルバイクでの
島内ツーリングが最高に楽しかった。

それから今回は初めて試みたことがあった。
それは都内からすでにTシャツに薄手のシャツ姿で行けたこと。
なんせ外気に触れるのは家から最寄りのメトロ駅までの2分30秒と、
大江戸線大門からモノレール浜松町への乗り換えで
建物外に出る30秒の、合計3分だけなので。
そこまで含めて完璧な旅だった。
by skdob | 2008-11-23 22:44 | 旅行記・写真ブログ
ざまーみろ!!
a0081172_1117386.jpg
a0081172_11173857.jpg
a0081172_11173876.jpg
a0081172_1117382.jpg
a0081172_11173898.jpg

座間味島の古座間ビーチにて。
気温26℃快晴、珊瑚の砂浜に心地よい風、波の音。
ビーチにはうちら3人含めて10人のみ。
楽園とはこのことだね。ギザヤバス。
嗚呼、東京帰りたくねぇ。。。
by skdob | 2008-11-22 11:17 | 旅行記・写真ブログ
だいこんの花
a0081172_20564265.jpg
a0081172_20564249.jpg
a0081172_20564336.jpg
a0081172_20564347.jpg

今日からホッコリ~ナ・マッタリ~ナで那覇来てます。
初日のディナービュッフェは大当たりだった。
那覇観光の人は大プッシュ。
by skdob | 2008-11-21 20:56 | 食・飲食店
明日の神話
a0081172_16351442.jpg
a0081172_16351456.jpg
a0081172_16351415.jpg
a0081172_16351450.jpg

やっと見れた。第一印象はとにかくデカいの一言。
題材が原水爆ということで、自然の摂理を無視することの恐ろしさや
おどろおどろしさが定着されてるように感じた。





「壁画について」岡本敏子

『明日の神話』は原爆の炸裂する瞬間を描いた、
岡本太郎の最大、最高の傑作である。
猛烈な破壊力を持つ凶悪なきのこ雲はむくむくと増殖し、
その下で骸骨が燃えあがっている。悲惨な残酷な瞬間。
逃げまどう無辜の生きものたち。
虫も魚も動物も、わらわらと画面の外に逃げ出そうと、
健気に力をふりしぼっている。
第五福竜丸は何も知らずに、死の灰を浴びながら鮪を引っ張っている。
中心に燃えあがる骸骨の背後にも、シルエットになって、
亡者の行列が小さな炎を噴きあげながら無限に続いてゆく。
その上に更に襲いかかる凶々しい黒い雲。
悲劇の世界だ。
だがこれはいわゆる原爆図のように、ただ惨めな、
酷い、被害者の絵ではない。
燃えあがる骸骨の、何という美しさ、高貴さ。
巨大画面を圧してひろがる炎の舞の、優美とさえ言いたくなる鮮烈な赤。
にょきにょき増殖してゆくきのこ雲も、
末端の方は生まれたばかりの赤ちゃんだから、無邪気な顔で、
びっくりしたように下界を見つめている。
外に向かって激しく放射する構図。強烈な原色。
画面全体が哄笑している。悲劇に負けていない。
あの凶々しい破壊の力が炸裂した瞬間に、
それと拮抗する激しさ、力強さで人間の誇り、純粋な憤りが燃えあがる。
タイトル『明日の神話』は象徴的だ。
その瞬間は、死と、破壊と、不毛だけをまき散らしたのではない。
残酷な悲劇を内包しながら、その瞬間、
誇らかに『明日の神話』が生まれるのだ。
岡本太郎はそう信じた。この絵は彼の痛切なメッセージだ。
絵でなければ表現できない、伝えられない、純一・透明な叫びだ。
この純粋さ。リリカルと言いたいほど切々と激しい。
二十一世紀は行方の見えない不安定な時代だ。
テロ、報復、果てしない殺戮、核拡散、ウィルスは不気味にひろがり、
地球は回復不能な破滅の道につき進んでいるように見える。
こういう時代に、この絵が発するメッセージは強く、鋭い。
負けないぞ。絵全体が高らかに哄笑し、誇り高く炸裂している。

オフィシャルサイト
by skdob | 2008-11-19 16:35 | アート・デザイン・フォト
RADIO SAKAMOTO
a0081172_11522670.jpg

前回はつまらなかったのでアップしなかったけど
今回は永久保存にしてもいいくらいクオリティが高い。
特に香港とNYからの投稿作品は凄いと思った。

RADIO SAKAMOTO Podcasting Vol.40

RADIO SAKAMOTO Podcasting Vol.41
by skdob | 2008-11-18 12:03 | 音楽
ピーター・バラカン
a0081172_1291418.jpg

催涙スプレー事件後もますます精力的に活動されてるピーター・バラカン氏。
ラジオを聴けばその声が聞こえてくるし、テレビをつければ例の
第一ボタンまでしめたシャツ(or Tシャツ)姿が拝めるし、
街を歩けばすれ違うほど。これはきっとセレンディピティに違いない
と思って、神のお告げばりに最近氏の活動を積極的に追いかけている。
そんな氏がTOKYO FMでインタビュー番組を持ってて、しかもPODCASTで
聴けるので紹介。まずは自分の経歴について語ってる第一回の放送をリンク。
ちなみにこのインタビュー番組が面白くて、たまに人間的にドキュンが
出てくるんだけど、バラカンがそれに動じずにチクチクやるのがけっこうウケるw
おすすめはフランス料理シェフの松嶋○介の回と、プラザホテルで
マネージャとして勤務してた経験本を出した奥谷○介の回w

The Lifestyle MUSEUM_vol.1

The Lifestyle MUSEUM
by skdob | 2008-11-17 12:30 | 文化・社会
2008年デジタル界振り返り
a0081172_20382762.jpg

コラムの花道で週刊アスキー総編集長・福岡俊弘が
2008年を振り返る。これで今年の動向はバッチリ。
笑ったのが自分は知らなかったんだけど
シコシコ動画というものがあり、
AV観ながらツッコミ入れるというものらしい。

11/13(木)コラムの花道×福岡俊弘
by skdob | 2008-11-14 20:39 | 文化・社会