人気ブログランキング |
<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
今年の総括
a0081172_13165496.jpg
a0081172_13165437.jpg
a0081172_13165548.jpg

最近やけに眠いskdobです。毎日平均14時間は寝てるような(汗)
そんなこんなであれよあれよと大晦日になってて焦りまくり。
今年は地球の大変革が目に見えて顕著になってきたにも関わらず、
自分はと言うと自分の半径50m以内に一喜一憂するだけの年でした。
冷たいもの暗いもの汚いものからは距離を取れたと思うけど、
相変わらず心から魂が喜ぶような生き方ができたとは言えなかった。
おそらく来年は立て分けがさらに実行段階に進み、
魂の成長レベルが試される時代がやってくるはずなので、
挽回できるよう今年以上に愛と感謝で生きていけるようにしたいと思う。
そんなわけで本ブログを見てくださる人達にも
2009年は明るく暖かい光に包まれた年になるよう祈ってます。
by skdob | 2008-12-31 13:16 | エッセイ・コラム
2008.12.10-22 上海 - 千島湖
a0081172_1842128.jpg
a0081172_1842888.jpg

先日仕事で行って来た中国の写真を30枚アップしました。
ほとんど観光する時間が取れなかったのでたいしたものは撮れてないけどね。
リンク先に写真があるのでチェキよろしくです。
それから下記説明文の数字は写真左下にある番号に対応。


2008.12.10-22 上海 - 千島湖


1. 羽田から約3時間で上海の虹橋(ホンジャオ)空港へ到着。ここは主に国内線なのでけっこうショボいけど、成田からだと国際線の浦東(フートン)空港に着く。こっちはハイテク空港で、最高時速432kmのリニアモーターカー“磁浮”(ツーフー)で中心部までの30kmを約7分でアクセスする。写真は首都高速みたいなハイウェイより。首都高速と違うところはなんと無料。とにかく上海はひたすら平野で、周辺は高層マンションや集合住宅で占められている。土地の有効利用上なのか一戸建ては皆無。こういう部分は東京も見習うべきだと思った。

2. 滞在拠点となったJINRONG INTERNATIONAL HOTEL。ここはドアマン含め英語が通じるし非常に快適で居心地よく過ごさせてもらった。チップは欲しそうな顔するけど基本は払う必要は無い。けど1元(約14円)でも払うと一気にその後のサービスが向上するので個人的にお薦め。

3. ホテル窓からの夜景。比較的北側の淋しい位置にあるうえ、さらに北側を眺めてるので華やかな上海中心部は見えないが静かで良かった。朝食のビュッフェはおかゆが最高に美味かった。豆腐ようやピーナッツや野沢菜みたいなのをはじめいろんな具材を入れるんだけど、これは日本でも根付きそうな気がする。

4. 上海から約300km南西にある千島湖へ向かう途中のサービスエリアのトイレの手洗い。モダンなのかレトロなのかよくわからない。比較的赤い絨毯をよく見かけた。

5. 休憩するトラッカー向けなのか知らんがこういうのが普通に売られてる部分は合理的かもとか思った。

6. 昭和30年代っぽさ炸裂した雑誌群。これは意図的なのか天然なのか。中国の基本の色使いは日本より派手目。

7. 浙江省淳安県にある千島湖到着。ホテルの一室より。ここは水力発電ダム建設による人造湖で、中国がいま力を入れてる高級リゾート地。風光明媚な山水画のような風景が望め、中国最大の森林公園地区に指定されている。水質が良く日本のメーカーとタイアップした地ビールが有名。毎晩2本は飲んでいた。

8. 街並は自分の感覚的には熱海(言い過ぎかな)だけどリゾートマンションやクルーザー置き場なんかもあって、中国の金持ちが目指す軽井沢的場所(にしようと画策中)。

9. シェラトンをはじめ大規模な(島丸ごととかのレベル)観光開発が目白押し中。また5年後とかも今と全然違う景色になってるんだろうな。

10. 一見すると原付バイクみたいなモーターバイクが大流行していた。これは環境意識の高い日本でも絶対ウケると思われ。

11. 中国は当たり前だけど自動車工場が多いのでワーゲンとかGMなんかの外車が数多く走っている。そして漢字による当て字のロゴプレートなので違和感MAX。

12. 公衆便所として案内された場所。どう見ても廃墟を無断使用。

13. 同じく。奥に人影が見える。住んでんじゃねーか!!

14. 水の出ない手洗い。一応便器の方は流れた。基本和式で隣の壁は無し。

15. 釣り小屋が多数点在していて船でアクセスする。時間がほんとうにゆっくり。通り行く人たちもほんとにのどか。

16. 向こうに見えるのは洋風の建物群。おそらく別荘だろうと思ってたら学校帰りとおぼしき子供が唄うたいながら歩いて行く。中国は子供が本当にかわいい。純朴ですれてなくて。この子たちがクレヨンしんちゃんなんか見向きもしないことをひたすら祈る。

17. 18. 19. まあこういう景色が広がる。

20. PEPSI SPORTS。普通に海外ブランドもあるけど共存w

21. ホテルからの眺め。夜はパチンコ屋のようにキラキラ。

22. とにかくスニーカーやスポーツブランド店が多かった。

23. ホテルのレストランの生簀。自分の中のステロタイプな中国イメージ。

24. 鴨の頭。中国では比較的普通に出てくるようだ。見た目にこだわらなければ味は最高に美味かった。基本食事は全部美味かったし、栄養バランスにこだわっていて健康的な気がした。それはきちんとしっかり三食食べてるのにデブがいないことからもわかる。

25. “520”というタバコ。読みは「ウォーアイニー」で愛してるという粋なものらしい。台湾製。

26. いかがわしそうに見えるけど実は足のケアをしてくれる場所らしい。マッサージしたり爪切ったり角質落としたり。街中にたくさんあった。

27. 再び上海に戻る。ぶっちゃけもうすでに東京よりはるかにダイナミックでエキサイティング。歩いてる西欧人の数も東京より多い。それから中国は女性がパワフル。仕事も女性が仕切ることが多い。そんなこんなで中国男性陣は日本女性と結婚したがっていたw

28. 街中至る所にこういうライトアップが。とにかく見せ方が上手い。街灯の色もガス灯をイメージしたようなオレンジや黄色が多くてとても美しい。

29. エキゾチックにしてブレードランナー的大都会。どこを撮っても絵になるのが素敵すぎる。

30. 今上海っこに(つか中国全土で)大人気な点心屋は20分待ちの大行列だった。皮の中からは熱々の肉汁が。外は意外とカリカリ。とにかく美味かった。
by skdob | 2008-12-28 18:43 | 旅行記・写真ブログ
スタジオ初体験
a0081172_16305049.jpg

昨日はNのお誘いで東中野GGのスタジオプログラム2本体験してきた。
キックボクササイズみたいなのと踏み台昇降ステップ系のやつ。
想像してたよりヘビーだったけどなかなかいい汗かかせてもらった。
普段のウェイトや有酸素では使わない筋肉を酷使したせいかただいま筋肉痛。
それよりなにより自分ってなにげにリズム感が無いのを実感。ヤバい。
たまにはクラブ活動も再開しようかなとかまじ思った。
リズムに合わせて身体を動かすって実はかなり重要なことなのかも。。。
by skdob | 2008-12-28 16:31 | 日記
ボツ年賀状
a0081172_1735529.jpg

あまりに手抜きすぎてボツにしたけど日の目は見せたいので掲載。
笑いでもシュールでもなく単に役員クラスのウケのみを念頭に置いた。
こういうのは後から絶対恥ずかしくなると踏んだ。
by skdob | 2008-12-26 17:40 | エッセイ・コラム
知らなくていいこともあるんだよ
a0081172_12194043.jpg

自分はこの言葉が嫌いだ。どんなに夢を壊されようとも
ニヒリストになろうとも真実を知ることを怖れてはダメだし、
臭いものにフタをし続けていては何も変わらないと思うんで。
ワイドショーレベルでも構わないから関心を持って
調べるというのは重要だと思う。

飯島愛の死の真相についてもプライベートで済まされることじゃないんだよね。
芸能界がいかにヤ○ザとフィクサーによって動かされてるか、
この世界でスポットライトが当たってるものはすべて虚像に過ぎない、
そんくらいの醒め方が今の日本人には必要な気がする。

飯島愛がコンクリート殺人事件に関与したと倉地明美が証言!
by skdob | 2008-12-25 12:20 | エッセイ・コラム
おひさです。
a0081172_1247811.jpg
a0081172_12471528.jpg

ご無沙汰してます。仕事で約2週間ほど中国に行ってました。
そしたらPlants Roomは過去のFree Tibet活動が当局の検閲に
該当したのかどうかしらんがまったくアクセスできなかった。
リアルタイムで綴りたかっただけにちょい残念。
そんなわけで滞在は上海に半分、そっから南西に300kmほど行った
杭州市にある高級リゾートの千島湖に半分みたいな感じだった。
写真も撮ったのでそのうちまとめたら追々アップしようかと。

それから昨夜はクリスマスディナーということでちょっとリッチに
西麻布オーベルジュ・ド・リル・トーキョーに行って来た。
今年の5月に東京進出したばかりのフランスでは41年に渡って三ツ星の店で、
ポール・ボキューズ、ミッシェル・トロワグロと並び世界の3大シェフ
のひとりマルク・エーベルランが手掛けているだけあって、
味もサービスも非常にオーセンティックで素晴らしい時間を過ごせた。
けどビミョーにエキセントリックなサプライズも期待してたんで
まじアガル〜的なものはなかった。キャビアやトリュフばっか出て来てもねえ。
まあこういう店は年に一度くらいはありかなと。
by skdob | 2008-12-24 12:58 | 食・飲食店
小室哲哉特集
a0081172_1057113.jpg

“しゃべる墓荒らし”吉田豪による待ちに待った小室特集。
意外な過去や興味の変遷などを徹底的に掘り起こしてて笑った。
個人的には渡辺美里への曲提供時代もディグって欲しかったかな。
あとはス○○○趣味やク○○事情やヤ○○等の背後関係についても。。。

12/8(月)コラムの花道×吉田豪
by skdob | 2008-12-09 10:57 | お笑い
連絡取れる
a0081172_12161731.jpg
a0081172_12161747.jpg
a0081172_12181738.jpg

電柱にポスターを張って2日後、マイに首輪を付けてた方と連絡が取れた。
てっきり飼い主さんかと思ってたけど、その方曰わく元々ノラ猫で、
保健所に連れてかれないように首輪を付けてたとのこと。
それを聞いてまたマイが不憫に思えて目頭が熱くなってしまった。
うちで愛情を注いで育てたのは間違いじゃなかったのがわかったのと、
主にマイを昼に可愛がっていたその方に死を伝えることが出来て
心のつっかえが取れた。
by skdob | 2008-12-08 12:16 | 日記
R.I.P. 2008年12月3日 a.m.10:30
a0081172_19513214.jpg
a0081172_200194.jpg
a0081172_2035840.jpg
a0081172_1952216.jpg
a0081172_19521294.jpg

生き物の命ってあっけないものだね。
なにげない日常なんてこんなにあっさり終わってしまうのか。
推定で5〜6歳だったからほんとに可哀想で可哀想で。
今までの短い一生は幸せだったのか満足だったのか、
そしてうちの子で良かったのか聞いてみたい気分でいっぱいだ。
嫌々ながらも気持ち良さげに風呂に入ってる時や、しっぽ掴んで
戯れ合ってる時や、淋しそうな目でずっとこっちを見てた顔が
まさに“走馬灯”のようにぐるぐる廻っている。

まだ昨日の出来事が嘘みたいに突然だったから呆然としている。
朝起きてカーテンを開けるとまばゆい日が射し、
いつもどおりマイは布団から降りてひなたぼっこを始めた。
まさかその後あんなにあっけなく逝ってしまうとは思いもしなかった。
心臓の鼓動が聞こえないマイにはひたすら“今までありがとう”しか
かける言葉がなかった。

火葬屋曰く、猫は気温差による突然死(心不全)が多いそう。
今でも信じられないし信じたくないけど受け入れるしかない。
いつまでも悲しみに暮れててもマイが逆に悲しむと思い、
マイの思い出と共に前に歩き出さなきゃ行けないんだと思った。

でもたぶんまだ本人も何が起ったか分からず今頃うちの近所をうろうろ
してて、コンクリートに背中からゴロゴロなすり付けてると思うので、
しばらくはごはんをお供えしたり話しかけたりしちゃうと思う。
それにマイとの2年間は本当に精神的ななごみと支えになっていたし、
彼女の存在と生きた時間は必ずなんかしら意味があるんだと思っている。
それがなんなのかこれからじっくり考えていきたい。

手なづけ成功 2006-10-31
by skdob | 2008-12-04 19:53 | 日記
茶の味
a0081172_14302138.jpg
a0081172_14303170.jpg

(ネタバレなし)


4年前の映画。公開当時から気になってはいて、レンタル屋でも何度も
触指は延びるけど借りるまで至らなかった自分の鈍感さに呆れてしまった。
Party7で見くびってから石井克人に興味0だったというのがデカいかも。
まあそんくらい最高レベルの邦画にランクしても構わない大傑作だと思う。
おそらくたけしも嫉妬したんじゃないかな。日本の田舎の美しい自然が奏でる
音を効果的に生かすためのあえて控えめなBGMや、感傷に浸らせないからこそ
の止めどない泣き笑い、CMディレクター上がりならではの映像テクニック、
シュールさ、そのどれもがハイレベルで凄すぎる。マイ邦画ランキング
圏外から急上昇、いきなりトップ10入りな感じ。普段はあの過剰に自然体な
演技が逆に自意識過剰に映る浅野忠信が今作ではいい味出てるし、
我修院達也(a.k.a.若人あきら)のおじいちゃんも最高にハマリ役だった。
土屋アンナも「下妻物語」同様田舎の風景が良く似合ってて存在感はハンパ無いし。
にしても最近は庵野秀明も映画出過ぎw 今作ではアニメ監督役なのが笑えたが。
この映画に出会えて本当に良かった。まじで心温まりました。
世界に誇れる日本映画筆頭だと思う。☆☆☆☆☆☆!
そういえば先日観て大絶賛した「虹の女神」も栃木ロケだったし
栃木や茨城辺りの美しい日本の自然の中を異様にドライブしたくなった。

The Taste of Tea (Trailer)
by skdob | 2008-12-02 14:40 | 映画